日払い バイト看護師

育児中看護師の転職成功事例

院内保育所がない場合は一般の保育園に預けるか、幼稚園に預けますよね。

 

 

最近は育児休暇はあまり取らずに、生後1歳くらいで復帰する方が増えているそうです。

 

共働きがどんどん増えていますからね。

 

一般の保育園などの場合は、土日は休園だったり、夜は18〜19時頃までで閉園してしまったりしますよね。

 

 

残業になってしまったり、夜勤だと預け先が困る・・・・と言う方が多いのです。

 

 

子供の小学生になるまではパートやバイトにして、その後は一般的な常勤になると言う方もいますし、家庭の協力が得られる方なら小さいうちから常勤として復帰する方もいますね。

 

 

一般の保育園の場合は、院内保育園に比べて不便な面が大きいですね。

 

院内保育園の場合は、勤務の状況に合わせて延長保育も引き受けてくれますし、夕食の面倒も見てくれるので安心して仕事をする事が出来ます。

 

また、院内なので送迎にも時間が取られないのも魅力ですね。

 

 

一般の保育園などに通わせながら、土日や祝日だけ院内保育園を使っている方や、夜勤の時のみ夜勤帯に院内保育園を使っている方もいましたね。

 

パートやバイトでも院内保育園が使える場合と、常勤が優先される場合と、各職場によって異なります。

 

一般の保育園も院内保育園も保育士の数は変わりませんし、きちんとカリキュラムを作って保育しているので、どちらでも安心ですね。

 

 

院内保育園のメリットは、同じ境遇のママさんナースが多く、同じく院内保育所に預けているため、自然に友達が出来たり、話も合うので、とても働きやすいと思います。

 

 

院内保育所のある職場なら働く場所の選択しが広がるのもうれしいですね。